デリケート部分こそ真剣に!VIO脱毛について考えてみた

ミュゼの今月のキャンペーンは、
両ワキ+Vライン脱毛完了コース100円
で申し込めます!
人気の2箇所がセットでお得!!

 

【申込期間】2016年9月1日〜2016年9月30日

 

無料カウンセリング予約はこちら

 

人にはちょっと聞きにくい 「VIO」脱毛

ワキや手足の脱毛は完璧!という人も、ひそかに気にしているのがVIO。Vライン(両足付け根付近)・Iライン(陰部両サイド)・Oライン(ヒップ奥)の総称で、いわゆるデリケートゾーン
Vゾーンは毛抜きやカミソリでの処理がしやすいのですが、IゾーンやOゾーンは自分での処理が難しく、万が一のトラブルの際にもフォローの方法が分かりにくいことも。サロンやエステにお願いしたくても、場所が場所だけに「恥ずかしい…」「勇気が出ない…」と尻込みしがち。

 

だからこそ、VIOラインの脱毛は、脱毛のプロに頼みたい!

 

照れくさくて、人にも聞けないVIO脱毛。処置をした際のメリット・デメリットも含めて、VIO脱毛について今こそ真剣に考えてみましょう!

 

ちゃんと知ってた?これがあなたの「VIO」!

VIO脱毛と一言でいっても、処置する場所はそれぞれ違います。あなたが思い描く脱毛後の姿によって、脱毛すべき場所と回数は変わります。それぞれのデリケートゾーンの特徴と処理の仕方について、知っている人ももう一度おさらいしましょう!

 

Vライン

Vラインとは、一般的に「デリケートゾーンの両サイド」、つまり「両足の付け根付近」の部位。

 

デリケートゾーンの中でも特に毛が太いのが、Vライン。自分で処理をするとチクチクしたり、肌が荒れる原因になることも。カミソリで失敗した〜!と後悔した経験を持つ人も多いのでは?
かといって放置しておくと伸び放題!銭湯や温泉で恥ずかしい思いをするくらいなら、と毛抜きでの処理を選ぶ女子も多数。処理をしている姿は、彼氏にも家族にも見られたくないですよね…。
デリケートゾーン脱毛の中でも、一番身近で困った相手かもしれません。

 

Iライン

IラインはVラインのさらに奥、陰部の両サイド

 

自分でも処理に抵抗がある部分なのに、人に見せるだなんてとんでもない!という人もたくさんいます。おうちでの処理も、難易度はかなり高め。
カミソリも毛抜きも使っていいのか、ちょっと悩んでしまう箇所ですよね。

 

O(ヒップ奥)ライン

Oライン(ヒップ奥)は、一般的には肛門周りの部位(粘膜除く)を指します。

 

そんな所に毛なんか生えてない!という人もいるでしょう、ですが実はこの毛こそ大人女子を悩ませる最悪の敵。処理をしたくても自分では見えないし、そんな部分にカミソリなんか怖くて使えない…!と困っている人は多数。トイレの時に気になっていても、どうすることも出来ないまま過ごしているなんて声もちらほら…。衛生面からも、どうにかお手入れしておきたい場所なんです。

 

 

そもそも、デリケートゾーンは人によって毛量や毛の太さが全く違います。なのでVライン・Iライン・Oラインは、見た目のバランスが整うようにお手入れするのがおススメ。
そうなると、ますます自分での処理は難しくなってしまうんですね。

 

VIO脱毛 処置中のよしあし

とはいっても、やっぱりデリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしい!とサロンでの脱毛を敬遠してしまうのは当たり前。

 

「どこまで処理していけばいいのか分からない」
「自分で処理をしていかないといけないのなら、わざわざ人に見せなくても…」

 

そんな恥ずかしい気持ちを押して脱毛にいったのに、「思ってたのと違った…」なんてガッカリするのは悲しすぎます…。脱毛に行く前に、VIO脱毛のメリットと処置中に困りがちなことまでしっかり確認しておきましょう!

 

VIO脱毛中は、あれこれ厄介

サロンでの脱毛も、医療系の脱毛も、1回で処置がすべて終わるわけではありません
だからこそある程度の時間、してはいけないこと・気をつけなくてはいけないことがあるんです。そんなの知らなかった!と後から焦ったりしないように、まずはVIO脱毛中のNG項目をチェック!

 

VIO脱毛期間中、毛抜きでのお手入れは厳禁!

脱毛後には、クールダウン期間が必要。当然その間にも毛は生えてくるので、処理をしたくなるものですよね。

 

ですが、ここで気をつけておきたいのが「自己処理で毛を抜いてはいけない」ということ。

 

ムダ毛を剃るのはOKですが、毛抜きで抜いてしまうと次の脱毛処理が出来なくなってしまうからです。
カミソリでの処理はどうしても後からチクチクしてしまうので敬遠しがちですが、ここはぐっと我慢が必要。もちろん、脱毛後は毛穴に雑菌が入りやすくなっていますから、汚れた手で触るのも絶対禁止!いつも以上に、丁寧に扱ってあげてくださいね。

 

とにかく、清潔を心がけましょう!

VIOゾーンに限らず、サロンでの脱毛処理の後は皮膚が敏感になっているので特にお肌への気遣いが必要です。
温泉やプール、海などはもちろんNG!
当日のお風呂も、湯船には浸からずにシャワーだけで済ませなくてはならかったりと行動を制限されがちな部分もちょっと手間かもしれません。

 

 

ですが、それでもこんないいところが!

 

ちょっとくらい恥ずかしくっても、やってよかったVIO脱毛!

脱毛をした女子のほとんどが「やってよかった」という感想をもつ、VIO脱毛。恥ずかしかったけど、やってよかった!という感想にはちゃんと理由があるんです。

 

デリケートゾーンの悩みがすっきり解決!

女子の悩みの半分ほどを占める生理期間。Iラインは、デリケートゾーンの中でも特にむれやすく、ムダ毛におりものや経血が付着することによって雑菌が繁殖、においや肌かぶれが起こりやすい部位でもあります。月に一度のことだから仕方がないと諦めていた人も、Iライン脱毛によって下着の中の通気性がアップ雑菌の繁殖を抑えることが出来るので、とっても衛生的

 

Oラインの処理も合わせて行えば、デリケートゾーンの衛生面はぐっとアップするんです。

 

水着やショートパンツもデザインを気にしない!

パンツラインを気にして細めのショーツを履いてみたらVラインからムダ毛が…なんて失敗をしたことがある人もいるのでは?
Vライン・Iラインは、特に実際に履いてみないと処理の足りなさなどがわからないこともあり、デザインに気を使って下着や服を選ぶこともしばしば。脱毛を行えば悩みはすっきり解消!自分が履きたいものを好きなようにチョイスできるようになりますよ。

 

 

決心はしたけれど… サロン選びはどうしよう?

衛生面からもおしゃれの面からも、やっておきたいVIO脱毛。とはいっても、どこで脱毛すればいいの?と困っている人におススメしたいのがミュゼなんです。

 

ミュゼのVIO脱毛対策

両ワキの脱毛で大人気のミュゼは、全身脱毛に加えてVIO脱毛にも対応。ハードルが高いデリケートゾーンの脱毛にも、しっかり応えてくれるんです。

 

Vライン脱毛

ミュゼでは「Vラインプレート」を使用、これを当ててはみ出た部分の毛が脱毛対象になります。つまり、そのプレートの範囲は見せなくてOK!

 

Iライン脱毛

恥ずかしい気持ちが特に強いIライン脱毛では、紙ショーツを着用。ショーツをずらしながらお手入れしていくので、露出は少し。なので、「思ったより恥ずかしくなかった」という安心の声も多いんです。

 

Oライン脱毛

Oラインは自分で見ることが難しいため、ミュゼでは事前処理は不要!サロンスタッフが肌の状態を見ながら、安全にお手入れを行ってくれます。

 

デリケートゾーンの処置の後には、ローションを使ったアフターケアも万全。乾燥と炎症を防ぐことで、肌荒れやトラブルを事前に防いでくれるんです。

 

デリケートゾーンこそ、プロにおまかせ!

自分での処理にも限界があるのに、どうしても気になってしまうのがデリケートゾーン。どうしたらいいんだろうと悩むよりもまずは無料カウンセリングで相談してみるのもおススメ。脱毛のプロが、あなたのの不安をしっかり解消してくれますよ。
今ならお得なキャンペーンも開催中、まずはお試ししてみては?

 

無料カウンセリング予約はこちら

 

9月のキャンペーン ミュゼの秋キャン!!

両ワキ+Vライン完了+全身から選べる2箇所セット


通常価格12,800円→1,280円(税込)
Lパーツなら2箇所、Sパーツなら4ヶ所選べる!
・Lパーツ
両ヒザ上・両ヒザ下・腕・両ヒジ上・両ヒジ下・お腹・背中(上)・背中(下)・ヒップ
・Sパーツ
腰・トライアングル上・トライアングル下・へそ周り・両手の甲と指・両足の甲と指・ヒップ奥・Iライン・襟足・両ヒザ・乳輪周り

 

【申込期間】2016年9月1日〜2016年9月30日

 

全身美容脱毛コースライト


まとめて4回以上のご契約で
4回合計金額 126,000円 → 63,000円 50%OFF!!
キャンペーン期間:9/30まで

 

 

 

無料カウンセリング予約はこちら

 

 

 

酵素ドリンク 市販